スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォワートテストと異なる取引につき、考えられる原因のまとめ

【原因1】
稼働したタイミングが異なる場合

一本勝ちドル円のロジックには過去のデータを分析するステップがあります。
稼働したタイミングが異なりますと「過去」という定義が違ってきます為、
フォワードテストと異なる取引が発生する場合があります。
※フォワードテストがないのにリアルにあり、
フォワードテストがあるのにリアルにはない場合もあります。


【原因2】
裁量でEA(一本勝ち)のポジションを決済したことがある場合

【原因3】
EA稼働中でMT4を閉じたことがある場合

【原因4】
EA稼働中で自動売買ボタンを一時停止したことがある場合

【原因5】
ブローカーによる配信レートの差が発生した場合

どのEAでも言えることですが稼働環境が異なります為差異は発生します。

下記の点を守って頂ければ総取引数が増えると誤差の範囲に収まると考えます。

(1)月曜日の市場オープンまでにEAを稼働させておくこと(ニコちゃんマークが出ていること)。稼働するタイミングは土曜日でも日曜日でも決まりがありません。配信レートが動くまでに稼働状態にしておけば問題ないです。また、VPSのご利用場合、週末ではそもそもMT4を閉じていなく自動売買ボタンもオフにしていない場合。つまり稼働状態となっています。その場合は何もしなくても月曜日の市場オープンになりましたらEAは勝手に稼働します。ご安心ください。

ポイントは「稼働状態」で月曜日の市場オープンを迎えることです。

(2)自動売買システムですので、稼働中ではやむを得ない場合以外自動売買ボタンをオフオンしたり、MT4を再起動したりしないこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リアル口座
FAQ
出品中のEA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。