スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォワートテストと異なる取引につき、考えられる原因のまとめ

原因1】
稼働したタイミングが異なる場合

Color Your Life V3のロジックには過去のデータを分析するステップがあります。
稼働したタイミングが異なりますと「過去」という定義が違ってきます為、
フォワードテストと異なる取引が発生する場合があります。
※フォワードテストがないのにリアルにあり、
フォワードテストがあるのにリアルにはない場合もあります。

【原因2】
裁量でEAのポジションを決済したことがある場合

【原因3】
EA稼働中でMT4を一時に停止したことがある場合

【原因4】
ブローカーの配信レートにおける差が発生した場合

いずれにしても次の月曜日の市場オープンまでにMT4を起動し、
EAを稼働させておくこと(ニコちゃんマークが出ている)を守り上記のことは再度に発生しなければ基本は一致してくると考えます。

当然、市場オープン前ですのでEAは何もしません。正常な動きですのでご安心ください。
そのままで時間になりましたら動いてくれるはずです。

自分の場合、いつも日曜日寝る前にMT4を立ち上げEAを稼働させます。
ご参考まで。

ヒストリ内の最大バー数及び、チャートの最大バー数はどれぐらいがあれば良いでしょうか


両方とも2,000があればEAは問題なく動作します。

操作履歴とエキスパートのログはどこにあるでしょうか。

操作履歴ログ
ファイル ➡ データフォルダを開く ➡ logsフォルダ ➡ 日付.log

エキスパートログ
ファイル ➡ データフォルダを開く ➡ MQL4フォルダ ➡ Logsフォルダ  ➡ 日付.log

エントリー後SLの発注がうまく出来なかった場合、どうなるでしょうか。

上手く行かない場合、 内部ロジックによるSLの80Pipsになったら決済する機能を持っています。

上記はあくまでも万が一の場合を想定した対策でございます。

利用口座は頻繁にそのような現象が発生するなら、口座を変えるなり何かしら対策を考えたほうが宜しいかと思います。

バックテストのやり方

YouTubeで動画を取っています。ご確認いただけます。



バックテスト用のデータは次のURLにてご入手頂けます。
FXDDメタトレーダーのヒストリカルデータ

動画にありますデータ変換用ツールである「Period_converter_ALL」は、
インターネットで紹介されているサイト沢山あります為割愛します。
ご自身で検索しご入手して頂きますようお願い申し上げます。

掲載していますのが一本勝ちドル円ですが他のEAも同様です。


最新記事
同口座複利運用中(7つ)
FAQ
出品中のEA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。